オフショアとニアショアを比較 意味とメリット・デメリットを比較

システム開発時のコストを削減するには、大部分を占める人件費を縮小するのが有効です。そのため、システム開発を比較的人件費の安い海外へ委託する「オフショア開発」や国内の地方へ委託する「ニアショア開発」を採用する会社が増えてきています。このコラムでは、オフショア開発、ニアショア開発のメリットとデメリットを比較しながら解説します。それぞれの特徴を把握して、自社の案件に最適なものを検討してみてください。

 

オフショアとニアショア それぞれの意味

「オフショア」とは、海外の企業や法人に業務を委託・発注することを意味し、「オフショア開発」とは、そのような企業にアプリ開発やシステム開発を委託するという手法のことを指します。一方、「ニアショア開発」とは、国内の地方エリアの企業にアプリ開発やシステム開発を委託する手法を表しています。いずれも、比較的人件費の安いエリアで開発を行うことによって、コスト削減が叶うことが主なメリットとなります。

オフショア開発 ニアショア開発
業務委託先 海外企業や法人 国内の地方企業・法人
主な目的 人件費のコスト削減

 

なお、よく混同される「オンショア」は、オフショアの対義語に当たり、国内や自社内で業務を実施することを意味します。

 

オフショア開発については、以下の記事でも詳細に説明しておりますのでご覧ください。
オフショア開発とは 意味とオフショア開発が選ばれる理由を解説

 

オフショア開発とニアショア開発のメリット・デメリット

オフショア開発とニアショア開発の大きな違いは外注先が「海外」か「国内」か、という点です。それを踏まえて、コストメリットや、コミュニケーションの取りやすさ、品質などのメリット・デメリットを比較して解説していきます。

オフショア ニアショア
コストメリット
IT人材の確保
コミュニケーションの取りやすさ

コミュニケーションを怠らなければ品質は日本と同程度
品質
ただし、委託先がさらに外注する場合は要注意

委託先の国の社会・経済情勢によっては難あり
社会情勢などの要因による
開発の安定度

 

オフショア開発のメリット

オフショア開発は、開発コストを抑えつつ、IT人材のリソースを確保できることがメリットです。IT人材不足により、人件費が高騰しがちな日本において、人件費が比較的安価な海外に開発を委託することでコストを抑えられます。委託先としては、地理的にも近く時差の少ない東南アジア諸国が注目されています。

 

オフショア開発のデメリット

海外の企業とやり取りするとなると、不安なのがコミュニケーション面でしょう。実際に、日本流のコミュニケーションである「空気を読む」、「行間を読む」、「言わずとも汲み取る」などといったことが通用しないことを心得ておく必要があります。

 

当然ですが、慣習や文化、働き方が異なる海外企業とのやり取りにおいては、日本企業に開発を委託する際よりもコミュニケーションコストがかかります。実際、オフショア開発に関して、失敗やリスク、低品質などのネガティブな印象が付きまとっている原因のほとんどは、コミュニケーションに起因しています。裏を返せば、コミュニケーションの取り方のコツさえ押さえれば、日本と同程度の品質で、コストを抑えた開発が実現できるということでもあるので、慣習や文化の違いは前提と捉えて委託することが、開発の成功につながります。

 

オフショア開発におけるコミュニケーションコストを削減するコツについては、以下の記事でも解説しています。
関連記事:オフショア開発のコミュニケーションコスト削減するコツ

 

その他、社会情勢が不安定な場合は連絡が取りづらくなったりスケジュールに変動が出たりする可能性や、急な為替変動などによって人件費が高騰する可能性もあるという点は注意が必要です。

 

オフショア開発のリスクについて、詳しくは以下の記事でまとめています。
関連記事:オフショア開発のリスク7つ 根本的な回避策を紹介

 

ニアショア開発のメリット

ニアショア開発は日本国内での開発なので、オフショア開発と比べると、言語や文化などの違いによるコミュニケーションの難はほとんどありません。時差もなくやり取りすることが可能です。現地に赴くことも比較的容易なため、安心感もあるでしょう。

コミュニケーション面での負担がオフショア開発よりもかからないため、依頼した内容でどんな納品物が上がってくるか分からない不安も軽減されるでしょう。品質面でも安心感を得やすいと言えるかもしれません。

また、日本は社会情勢が不安定な国に比べれば安定的で、急な為替変動で影響を受けることもない点はメリットといえます。

 

ニアショア開発のデメリット

ニアショア開発は、オフショア開発ほどのコストメリットは出しにくいことも事実です。そもそも、日本国内ではIT人材が不足しているため、IT人材豊富な国と比べると、十分なリソースを確保できる可能性は高くはありません。地方だからといってコストメリットが出しにくいことが現状です。人材確保が難しいことから委託先がさらに外注する可能性もあるため、最終的な費用を抑えることは難しくなることもあるでしょう。また、さらに下請け会社に発注する場合は伝言ゲームになってしまうため、コミュニケーションコストが発生する可能性も考えられます。最悪の場合、品質にも影響を及ぼすケースもあります。

 

オフショアとニアショア まとめ

オフショア開発は、日本国内で深刻な問題となっているITエンジニア不足を補う手段として有益ですが、言語や文化の異なる外注先とのスムーズなコミュニケーションを取ることができるかがハードルになります。どの国でシステム開発を行うかも重要なポイントになってくるでしょう。その点ニアショア開発では、国内の企業に発注するため、コミュニケーションなどは円滑ですが、期待するコスト削減効果が得られるかは翌確認すべきです。

このように、発注先が国内か海外かによって異なるメリット・デメリットを理解したうえで、表面上のコストにとらわれずに、開発規模やプロジェクトの目的によって使い分けましょう。

 

オフショア開発はコストと品質のバランスが取れた当社へ

デザインワン・ジャパンは、ベトナムのダナンに開発拠点を持つ、日本の東証スタンダード上場企業です。日本人が窓口となるため、コミュニケーション面も安心。優秀なIT人材も豊富にそろっており、アプリやシステム開発の実績も多数ございます。開発コストと品質のバランスが取れているのが当社の強みです。「国内企業で開発先を探したが、費用が合わなかった」などIT人材の確保でお悩みの方は、実績豊富な当社にぜひ一度ご相談ください。

 

当社で開発したWebシステムの事例を資料にまとめています。詳しくはこちらから無料ダウンロードいただけます。

 

アプリ開発やシステム開発について相談したい、見積もりを取りたいという方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

1分でお申し込み完了

見積もり・無料相談を依頼