Webシステム開発の見積もりを解説 費用相場と費用を抑えるポイント

Webシステム開発費用をアウトソーシングする際、どのようにして見積もりが算出されているのか気になっているご担当者さまも多いのではないでしょうか。システム開発は、目に見えづらい部分ですので、知識がないと単価のつけ方や数量など不明な点も多いかもしれません。

そのため、この記事ではWebシステム開発の見積もりの解説、その費用相場とコストを抑えるためのポイントなどを紹介いたします。Webシステム開発を外注する際の参考にしてみてください。

 

Webシステムの種類別 費用相場

まずは一般的なWebシステムの種類別に、おおよその費用相場を紹介します。

Webシステムの種類 費用相場
コーポレートサイト 20~300万円程度
口コミサイト 70~400万円程度
検索プラットフォーム 200~1,000万円程度
マッチングサイト 100~1,000万円程度
予約管理サイト 70~400万円程度
ECサイト 100~500万円程度
LPページ 10~100万円程度
CMS 50~400万円程度
SNS 100~2,000万円程度
Q&Aサイト 60~300万円程度
掲示板 50~300万円程度

※当社調べ

このように費用に幅が出る理由は、機能や仕様によって開発費用に差が出るためです。高度な技術が必要なほど、費用は高額になります。例えば、LPページは1枚のページのみですが、ECサイトには、「商品・サービスの購入ページ」や「お問い合わせページ」を追加する必要があり、それぞれ「カート・決済」や「お問い合わせフォーム」といった機能を搭載する必要があります。ページが増えるだけでなく、それらを開発する技術が必要になってきます。

また、「SNS」や「掲示板」のようなコミュニティサイトの場合は、その機能をレンタルするのか、ゼロから構築するのか、などで金額に大きく差が出てくるため、費用相場は一概に言えないのが現状です。

 

Webシステムの見積もり項目

ここでは、Webシステムで見積もりを取った際に記載される、主な項目をまとめて紹介いたします。項目名は企業によって若干異なることもありますが、どのような項目が存在するのかを把握しておくことは相見積もりを取った際などに、費用感を判断する上でも重要なポイントですし、開発の工程を把握することにもつながります。もし不明な項目があった場合は、開発会社に確認をとっておくことも必要です。

項目一覧
要件定義
システム設計
システム開発
デザイン制作
テスト設計・実施
導入
進行管理・ディレクション
設備購入
交通費・会議
保守費用

 

要件定義

要件定義とは、達成したい目的のためにどのようなシステムを使用するのかヒアリングを行ったうえで、それを文書化していくことです。システムの開発をする際は、その目的に基づき、必要な機能や性能を検討し形にしていく必要があります。要件定義費用は、それらのシステムの仕様や方針を検討していく際にかかる費用となります。基本的に作業にかかった時間で算出し、60~100万円ほどが相場です。

 

システム設計

システム設計とは、要件定義で決まった内容をシステムとして実現させるために必要な環境を検討することです。かかる費用は、サーバーなどのインフラ設計やデータモデル設計などの合算です。

 

システム開発

システム開発は、実際の開発作業のことを指します。基本的にはエンジニア一人あたりにかかる作業時間によって計算されることが多く、費用相場は60~100万円ほどです。

 

デザイン制作

システム開発においてかかるデザイン業務についての項目です。開発費用の中に含まれていることもありますが、UI(ユーザーインターフェース)デザインにこだわるなど、見やすくて使いやすいデザインにしたり、細かいデザイン指定がある場合には、別途デザイン費用がかかることがあります。

 

テスト設計・実施

システム開発の最終段階で、稼働テストを行う作業のことです。どのようなテストを行うのか、詳細なテスト内容の設計、テストの実施までに費用がかかります。

 

導入

完成したシステムを納品、導入する際に、必要な初期設定やその他にかかる作業にかかる費用項目です。

 

進行管理・ディレクション

制作の打合せや、スタッフの選定、体制構築、などの予算管理や進行管理の項目です。金額は制作費用に応じたパーセンテージでディレクション費を算出する場合と、ディレクターの1日の人件費に、稼働日数を掛ける形でディレクション費を算出する場合があります。

 

設備購入

開発環境およびサーバーなどの設備についての項目です。開発用パソコンや開発用のソフト導入費などが含まれます。

 

交通費・会議

開発の過程で発生する打ち合わせなどで、エンジニアが移動する際にかかる交通費や会議費はこの項目で表されます。

 

保守費用

構築、公開後に行われるものです。ドメインやサーバーの更新、セキュリティのアップデートやサイトの更新など、必要となる定期的な管理やチェックの費用です。

基本的には「開発後」に発注者が負担するため、見積もりには記載されませんので注意が必要です。ドメイン代は年間で1,500~4,000円、サーバー代は月額1,000円ほどが相場となっています。これらは見積もりを取る際に、開発企業に確認しておくことをおすすめします。

 

Webシステム開発の費用に影響する要素と費用を抑える方法

システム開発費用内の多くが、その開発に携わるエンジニアを含めた人の稼働=人件費です。この人件費がどのように計算されているのか、その費用を抑えるための方法を解説します。

 

人件費

Webシステム開発費の半分以上を占めるのが、エンジニアなどの人件費です。開発には、システムを構築するエンジニアやプログラマーだけでなく、開発全体を取りまとめるプロジェクトマネージャー(PM)などでチームが構成されることがほとんどです。

それらの人件費は「単価×工数」で計算され、単価はエンジニアのレベルによって異なり、高度な技術力を要するシステム開発ができるほど単価が高くなる傾向にあります。

 

人件費を抑える方法① 自社でできる項目は対応する

例えばデザイン費も、開発費用を大きく左右する要素の一つです。コンセプトなど含め企画考案から外部の制作会社に依頼する場合、それだけで100万円ほどかかる場合もあります。社内にデザイナーがいる場合は、デザイン制作は自社で行うことで、その分の費用は圧縮できます。見積もり項目の中で、自社でできる項目とできない項目とをより分け、対応できる部分は自社で実施することも検討しよう。まずは自社で対応できないかどうかを検討しましょう。

 

人件費を抑える方法② オフショア開発を利用する

日本国内におけるIT人材や技術者の需要は年々高まり、日本国内ではエンジニアの人件費が高騰、人材不足が企業の大きな課題となっています。そのため、比較的人件費が安く、IT人材の教育が進みリソースが十分に確保できる「オフショア開発」を利用することも、人件費を抑えるための方法の一つになります。日本の委託先としては、日本と同等のスキルがあり、品質も担保できるうえに、地理的にも近く時差の少ない東南アジアの新興国が注目されています。さらに、一定期間エンジニアを確保でき、自社専属のチームを作れる「ラボ型開発」を利用すると、トータルコストを下げることにもつながります。

 

開発にかかる工数・規模

高度な技術力を必要としたり、機能の多さや仕様によって、工数が変わってきます。開発規模は機能追加に比例しますので、あとあと工数が増えないように初期の段階からゴールを明確に設定するよう意識してみてください。

 

開発工数のコスト削減方法① 仕様や機能などの要件を明確にする

開発途中の仕様やデザインの変更、機能追加などは、費用がかさむもとです。開発開始前に作成する要件を明確にしておくことで手戻りを極力少なくするよう対策しましょう。

ほかにも、システムの専門的なことは分からないからといって、開発会社に丸投げすることも費用がかかる要因の一つ。特に、ビジネスの根幹部分に関わるコンセプトや、そのシステムでビジネスをどうしていきたいのか、などは、開発会社任せにせず、自分達で考えることが重要です。何をどうしたいのかは、発注する側がイニシアティブを握るべきという意識をもって、開発会社と話し合うようにしましょう。

 

開発工数のコスト削減方法② 予算の上限を決めておく

要件を開発前に決めておくとはいっても、開発を進めていくと机上では見えていなかった部分が見えてくるため、機能を追加したり使い勝手を改善したくなるものですよね。そして最終的に想像以上の高額になってしまったり……。そのような事態を避けるためにも、予算の上限をあらかじめ伝えておくことで、予算内で見積もりを作成してくれるので伝えておくのもポイントです。

 

Webシステム開発の見積もり まとめ

Webシステム開発の見積もりの解説、その費用相場とコストを抑えるためのポイントを紹介いたしました。人件費を削ることがなによりのコスト削減になるということがお判りいただけたのではないでしょうか。まずは複数社からの見積もりを取得し、比較してみましょう。そのうえで、オフショア開発も視野に入れられる場合は、ぜひ弊社にもご相談ください。

 

Webシステム開発は口コミサイト「エキテン」を開発した当社へ

デザインワン・ジャパンは、日本最大級の口コミサイト「エキテン」を開発・運営する日本の東証スタンダード上場企業です。ベトナムのダナンにオフショア開発拠点を持ち、Webシステムの開発実績が豊富です。

御社とベトナム現地の開発チームとの間には日本人のブリッジSEをアサインするため、まるで日本のIT企業に発注しているかのようにコミュニケーションもスムーズ。コストと品質のバランスが取れた開発が特徴です。IT人材のリソース確保にお悩みの企業様や、国内企業に委託するよりも費用を抑えたい企業様におすすめです。

これまでに開発したWebシステムの例をご紹介します。

コーポレートサイト
口コミサイト
検索プラットフォーム
マッチングサイト
予約管理サイト
ECサイト
LPページ
CMS
映像編集
SNS
掲示板

このほかにも事例は多数ございます。詳しくはこちらの無料ダウンロード資料でご覧ください。

お見積りはこちらから、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

1分でお申し込み完了

見積もり・無料相談を依頼