オフショア開発とは 意味とオフショア開発が選ばれる理由を解説

近年、Webシステムやアプリケーションの開発業務を海外へアウトソーシングするオフショア開発という手法が注目を集めています。技術革新によるDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進、急加速するグローバル化の中でさまざまな企業がアジア諸国でのオフショア開発を導入しビジネスを成長させています。海外の開発企業を利用する目的・メリットや品質面、コミュニケーションについてなどについて解説します。

 

オフショア開発とは 意味

オフショア開発とは、ソフトウェアやアプリケーションなどの開発を自社ではなく海外の企業、または海外の現地法人や子会社に委託・発注する開発手法のことです。オフショア(Offshore)には、岸(Shore)から離れた(Off)「海外の、国外の」という意味があります。

オフショア開発の目的とメリット なぜわざわざ海外で開発するの?

現代の日常生活において、ITはより一層切り離せないものとなっています。AI(人工知能)や家電など身の周りのモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)などITの活用の幅も拡大する中、国内におけるIT人材や技術者の需要は年々高まり、日本国内ではエンジニアの人件費が高騰、人材不足が企業の大きな課題となっています。

そこで、開発コストを抑えつつ、IT人材のリソースを確保できるオフショア開発に期待を寄せる企業が増加。特に、

・人件費が日本のIT人材よりも安い
・IT人材が豊富でリソースを十分に確保できる

この両者を満たす新興国に委託するニーズが高まっているのです。日本の委託先としては、地理的にも近く時差の少ない東南アジア諸国が注目されています。

 

日本と比べて、海外のIT技術の質は大丈夫なの?

オフショア開発で選ばれる国はアジア圏が多いです。日本にとっては、海外のIT技術と聞くと「品質は大丈夫なの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、IT技術力は日本にひけを取りません。実際にインドや中国は今や世界でもトップクラスの水準を持つIT大国に成長しました。これらの国でのオフショア開発はコストメリットは出にくい面がありますが、規模の大きい案件や、高度な技術力を必要とする開発などにはマッチする委託先となっています。

ベトナムは、最先端の技術を駆使したシステム開発やソリューションをヨーロッパやアメリカ向けに提供している企業も数多く、高い評価を得ています。

加えて、ベトナムやバングラデシュなどは国がIT分野の人材育成に力を入れていることもあり、高い技術力と学習意欲の高い人材を育てる土壌が根付いています。品質面について不安を感じる方の多いオフショア開発ですが、技術的には日本に劣ることなく、海外での開発が可能なのです。

 

オフショア開発で委託する場合、コミュニケーションはどうするの?

オフショア開発はコストメリットを得つつ、技術力のあるエンジニアと共にシステムを開発します。海外企業に委託する上で気になるのが「コミュニケーション」でしょう。

実際にやり取りする際は、開発を発注する企業と現地の開発チームの間には、スムーズな意思疎通を図るため「ブリッジSE」と呼ばれるエンジニアが橋渡し役を務め、コミュニケーションをサポートします。

日本に本拠地を持つ開発企業であれば、ブリッジSEは基本的に、日本人、もしくは日本語が堪能な現地のスタッフがアサインされるため、発注する企業が英語や現地の言語で話せる人材を準備する必要がありません。日本のIT企業に委託するのと何ら変わらないコミュニケーションでプロジェクトを進められます。システムの仕様を具体的に決める要件定義からプロジェクトの進捗管理、状況の確認や認識の共有まで日本語で行えるので、柔軟で安定した開発体制を構築することが可能です。

ただし、コミュニケーションが円滑にできるかどうかは日本語能力だけで判断できるものではありません。その他のリスクについてはこちらの記事で紹介しています。

 

日本のオフショア開発 委託先で人気の国は?

2021年版 オフショア開発白書」によれば、開発案件の国別割合はベトナム、フィリピン、インド、そしてバングラデシュが続いています(「国を指定しない」という全体の65%の回答を除きます)。

※参考 「2021年版_オフショア開発白書」より

以前は中国が1位でしたが、人件費高騰や政治不安などが重なり、現在人気を集めているのはベトナムです。主な理由として、下記が上げられます。

①人件費・開発単価が安くコスト削減につながる
②国として日本語教育に力を入れており言葉や文化の壁が比較的低い
③日本向けの開発会社が増加している

ベトナムは、日本との時差が2時間程度であるため、連絡を取る際もタイムラグ発生を抑えられることや、親日であることなど、他の国と比較しても魅力的なポイントが多いことも人気の背景にあります。ただし、ベトナムの人件費も上昇してきているため、現在と同様のコストメリットが今後も出し続けられるわけではないことは注意が必要です。

このほか、インド・ミャンマー、フィリピンなどの国々も開発先として有名で、日本人と似た勤勉で真面目な国民性がベトナムの強みです。

各国によって、IT人材の単価などは異なります。主要アジア諸国のオフショア開発単価についてはこちらの記事で紹介しています。

 

オフショア開発とは まとめ

オフショア開発は技術者不足やコストの削減など企業が抱える問題を解決し、高品質なシステム開発を実現します。開発企業は蓄積されたノウハウや経験を活かして、企業の要望に沿ったシステムの構築や業務に対応します。ビジネスにおける課題解決の1つとして、オフショア開発が活用されるのは今後も自然な流れとなるでしょう。

 

オフショアのアプリ開発はコストと品質のバランスが取れた当社へ

デザインワン・ジャパンは、ベトナムのダナンに開発拠点を持つ、日本の東証スタンダード上場企業です。日本人が窓口となるため、コミュニケーション面も安心。優秀なIT人材も豊富にそろっており、アプリ開発の実績も多数ございます。開発コストと品質のバランスが取れているのが当社の強みです。「国内企業で開発先を検討したが、費用が合わなかった」などIT人材の確保でお悩みの方は、実績豊富な当社にぜひ一度ご相談ください。

当社で開発したアプリの事例を資料にまとめています。詳しくはこちら。

アプリ開発について相談したい、見積もりを取りたいという方はこちら。

関連記事

1分でお申し込み完了

見積もり・無料相談を依頼